出会い系サイト規制法とは

規制

出会い系サイト規制法とは

簡単に言ってしまうと

18才未満の少年少女は出会い系サイトを使用してはいけない

18才未満の少年少女に向けたメッセージを送ってはいけない

という法律になります。

出会い系サイトを使う側と運営する側の両方に規定があり

利用者側は

まず18才未満の少年少女は出会い系サイトを使用してはいけない

そして、未成年者に向けたメールの送信、掲示板などにメッセージを書いてはいけない

児童に向けに金銭を報酬としたエッチ・セックスを勧誘しちゃダメ

とにかく相手が女子中学生や女子高生ってわかってるのにメールを送ったりしたら処罰の対象になりますし、ウリ目的の女の子と出会い系サイト上で連絡を取り合っただけでアウトです。

運営者側は

出会い系サイトを運営するには届け出を出さなければならない

利用者が18歳以上である事を確認しなければならない

禁止誘惑行為(主に未成年者に向けた掲示板への書き込み)は削除しなければならない

という感じです。

こういった法律が施行されているので、どこの出会い系サイトも年齢確認が必要となっています。

逆に年齢確認をしてない出会い系サイトもあるのですが、完全に法律違反で詐欺サイトになります。

あたかも年齢確認が必要かのように装ってるだけで全ての機能(特にアダルト)が利用できる出会い系サイトは詐欺サイトと見ていいでしょう。ユーザーを騙す気なので届け出も出してないし、年齢確認もやりません。

昔は普通に女子高生だけじゃなく女子中学生までもが出会い系サイトを使って売春・ウリ(援助交際)を行っていたりしたので、その歯止めをかける為に出来た法律でもあります。(昔も成人が出会い系サイトで知り合った女子高生とエッチしたら逮捕されます)

上記にも書きましたが

出会い系サイト規制法には児童に対してメールの送信、掲示板などにメッセージを書いてはいけないというのがあります。

当サイトでご紹介している大手優良出会い系サイトはちゃんと年齢確認を行っていますし、児童が年齢確認書類を偽装して登録してきても掲示板の書き込み内容で18歳未満と判断した場合には利用停止や強制退会にします。

だから間違っても気が付かない内にメールを送っていた相手が児童だった、そして処罰の対象になってしまったという事はありませんので安心してご利用ください。

逆に無名で運営歴も謎な無料・有料出会い系サイトは危険なので利用しないようにした方がいいです。

そういった所はほとんど出会い系サイト詐欺サイトで届け出も年齢確認もしていない可能性がかなり高いです。そして登録しただけで美人の女性からガンガンとお誘いが来たり芸能人マネージャーを語る迷惑メールがたくさん来ます。

 

更新日:

Copyright© 会える出会い系サイト7選 , 2019 All Rights Reserved.